ドイツ語勉強ナビTOP > ドイツで働く > ドイツ語を生かして就職

就職について

 

ドイツ語を勉強して、ある程度の文書が読めるようになったり、
会話ができるようになったら、
せっかくならそのドイツ語を生かして就職したいと思うかもしれません。


ドイツと関連のある大手の企業で
ドイツとかかわりのある仕事をするとしても、
実際使われている言語は英語です。

日本国内でドイツ語を生かす就職は、大手企業よりは中小企業や
ドイツのハム、ソーセージ、パン、ビールなどの食品関係などで
より生かせるでしょう。



または、ドイツで就職活動をすることも考えられますが、
その場合はドイツ語ができて当たり前ですので、
他に何ができるかというスキルが必要です。


日本のような「事務」というくくりはなく、
学ぶときから専門に分かれているので、
日本での就職の経験を生かすのが一番です。


もしくは、ドイツに滞在中の日本人を相手にしたようなサービス業、
飲食店や旅行会社などで日本語を生かして就職することもできますが、
これらの業界は賃金が安く、労働条件があまりよくないため、
離職率が高いので注意が必要です。


ドイツで就職する場合には、滞在許可(ビザ)が必要になるので、
雇用先にサポートしてもらうのか、ワーホリビザを利用するのか、
など予め確認しておきましょう。





最も効率のいいドイツ語の勉強法は何だと思いますか?

それは…
  • 中学1年生レベルの英語
  • ローマ字
  • 日本語の文法
この3つを利用してドイツ語を勉強することです。


難しい学習教材や高額なお金を払ってまで語学教室に通う必要はありません。

また、ムダなものが多いと挫折しやすくなります。
シンプルで最小限のものだけを学ぶことが効率よくドイツ語を身につけるコツなのです。

このシンプルな勉強法で76日でドイツ語をマスターした
英語がほとんどできない49歳日本人女性のお話とその方法をご紹介します。
ぜひご覧になって下さい。


>最も効率のいいドイツ語勉強法はこちら








ドイツで働く記事一覧

ワーホリ制度

若者の啓発のために作られたワーホリことワーキングホリデービザ制度は、オーストラリアやニュージーランド、カナダなどの英語圏が人気ですが、ドイツへもワーホリを利用して、1年間滞...

就職

ドイツ語を勉強して、ある程度の文書が読めるようになったり、会話ができるようになったら、せっかくならそのドイツ語を生かして就職したいと思うかもしれません。ドイツと...